入会のご案内
MENU
前のページへ戻る

NEWS

飯塚選手 制球定まらず5敗目

飯塚選手 2018/06/27

飯塚悟史選手が、6月27日(水)に横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズ vs 阪神タイガース 9回戦」で先発し、3回1/3を投げて被安打6、6失点の内容で敗戦投手となりました。

>> Yahoo!スポーツNAVI 試合結果
>> NPB公式 試合結果

この日は初回から制球が定まらず、1回で5四球と少し残念なピッチングとなってしまいました。
特に2番からの3連続四球は、それで試合を決めてしまった感じも否めません。
まずはボール先行の投球を直して玉数を減らさないと、1軍定着は見えてこないように思います。

しっかりと反省点を洗い出し、応援してくれるファンのためにも次のチャンスには応えられるように頑張って欲しいです。
引き続き、飯塚選手の応援をよろしくお願いいたします!

コメント

飯塚選手「初回はカウントを取れるボールがなく苦しい展開になり、また点の取られ方も悪くすべてうまくいかなかった。逆転してもらった直後に本塁打で逆転を許してしまい、チームに申し訳ない。」

ラミレス監督「最初の打者を三振に取って、きょうはすごくいいなという感じだったが、その後3人連続で四球を出してしまって球数も増えてしまって、非常に苦しい投球になってしまった。タフなチーム相手だとそういう投球をしていると苦しくなってしまう。」