入会のご案内
MENU
前のページへ戻る

NEWS

飯塚選手 精彩を欠き4敗目

飯塚選手 2018/05/22

飯塚悟史選手が、5月22日(火)に横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズ vs 中日ドラゴンズ 7回戦」で先発し、5回を投げて8安打3本塁打を浴びる精彩を欠くピッチングで、4敗目となりました。

>> Yahoo!スポーツNAVI 試合結果
>> NPB公式 試合結果

初回は三者凡退で抑える良いスタートを切りましたが、2回に先制されてリズムを崩してしまった感じでした。3回には自身プロ初となる長打(2塁打)を打ったものの点に結びつかず、調子が上がらないまま5回で降板となってしまいました。
悔しいですが、また次回のピッチングに期待したいと思います!

引き続き、飯塚選手の応援をよろしくお願いいたします!

コメント

飯塚選手「ストレートは良かったですが、変化球の精度が悪かった。カウントを悪くし、自分のペースで投げきれずリズムを作ることができなかった。早いイニングでの降板となりリリーフ陣に申し訳ない。」

ラミレス監督「いつも飯塚が投げるときになかなか援護をしてあげられていないが、5回を投げて4失点。中日は打線が非常に好調なので、そんなに悪い出来ではなかったと思う。」

齊藤明雄氏(解説)「悔しいと思いますが、いっぱい失敗して、いっぱい成長すればいい。チーム内には23歳以下のピッチャーがたくさんいる。どんどんチーム内で切磋琢磨して欲しい。」